カテゴリー別アーカイブ: ニュースレター

ニュースレター第9号

ニュースレター 第9号(PDFファイル)
平成20年10月25日発行 

P1 市立やすらぎ苑に太陽光パネルを設置しました
P2、3 株式会社ダスキンにおける環境保全活動
P4、5 独立行政法人日本万博博覧会記念機構における環境保全活動

page1
市立やすらぎ苑に太陽光発電パネルを
設置しました。(吹田市)

 吹東町にある市立やすらぎ苑に太陽発電パネルを設置しました。
これは平成18年8月から行ってきた、やすらぎ苑の建替工事に伴うもので、施設の更新に併せ、環境部が所管する施設として率先的に環境に配慮した設備を導入しました。

今回、やすらぎ苑の太陽光発電の出力は10kWhで、これまで、吹田市が設置したものの中で、最も発電量の大きいものです。やすらぎ苑は様々な機械設備が設置されているため、月平均約16,000kWhの電気を消費していますが、この太陽光発電により電力消費量を5%削減することができると考えています。建物内には、発電の状況がわかるよう、液晶モニターが設置されており、瞬間の発電量や1日の発電量の変化、1年間の発電量の変化などを映像で見ることができます。
今回の太陽光発電パネルの設置に際しては、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と財団法人 関西情報・産業活性化センター(KIIS)のグリーン電力基金による補助を受けました。
NEDOでは、太陽光発電だけではなく、風力発電やバイオマス発電など様々な新エネルギーの導入への補助をはじめ、新技術の支援など多岐に渡って新エネルギーの普及に向けた事業を行っています。また、KIISでは、寄付金を元にしたグリーン電力基金を創設し、その資金から新エネルギーの普及啓発を行っています。それぞれの補助金は地方自治体だけでなく、NPO法人なども受けることができるものです。

この他にも、やすらぎ苑では、屋上緑化や駐車場の芝生化、散水用の雨水利用など、様々な環境配慮に向けた取組を行っており、今後も公共施設での、新エネルギー・省エネルギー設備の率先的な導入が期待されます。

page2、3
株式会社ダスキンにおける環境保全活動

エコセン(広報部)にて株式会社ダスキン(以下、ダスキンさんとお呼びします)本社ビル(江坂)へ取材をしてきました。

●創業からエコ
ダスキンさんでは、1963年の創業から「魔法のぞうきん」と呼ばれた「ホームダスキン」を始めとして、生産・販売(お届け)・回収を繰り返す循環型の事業活動に取り組んでおられ、ダスキンさんの事業そのものがエコであり、生まれたときから環境保全を重視した企業です。今では聞きなれた言葉の「リユース」「リデュース」の概念を既にお持ちでした。創業の方々の先見性には感心いたしました。

●地域貢献(全国編)
創業日の11月16日前後では、「全国一斉地域清掃」が計画されており、約1万2千人の方が参加される予定です。当ニュースレターをご覧になった方で、街角でダスキンさんを見かけられましたら、「ごくろうさま」「ありがとう」と声をかけていただきたいものです。
また、学校での掃除教育支援として、2008年6月から「教員向けセミナー」を実施されています。掃除の知識だけでなく、掃除の時間を“子どもたちの力を伸ばすための時間”として見直し、段取りや強調性を育む方法について考えるセミナーであり、東名阪の一部地域で「学校掃除セミナー」として実施されたものです。吹田市でも山田中学校を会場として行われ、多くの参加者に喜ばれました。今後、この活動を継続されるとのことです。

●地域貢献(吹田編)
ダスキンさんは、5月に開催された「吹田産業フェア」において、「クリーンアップマイタウン活動」をしておられます。今年は雨模様でしたが、1,300名を超える参加者がありました。例年であれば、2,000名を超える参加者があり、「大阪城公園」で開催される「オーサカキング」と肩を並べる参加者数です。吹田地域における取組に熱が入っておられると
感心しました。

●事務所での取り組み
「チームマイナス6%」「関西エコオフィス宣言」「環境家計簿」をはじめとする、多彩な環境影響
の低減対策があります。「環境家計簿」への取組参加者数は年々増加しており、社員の環境に対する意識が高まってきています。
これからも各地域で“クリーンアップマイタウン”の開催を予定しています。ぜひ、皆さまのご協力をお待ちしております。
※「クリーンアップマイタウン」は、ダスキンが創業以来、全国の拠点周辺で続けてきた清掃活動を地域のみなさまとも一緒にできれば、という想いから始まりました。各地のイベント会場などで活動しています。
様々な環境保全活動に取り組まれている結果として、2007年10月、リデユース・リユース・リサイクル(3R)推進協議会会長賞を受賞されました。

●関連する事業部間での取り組み
「ミスタードーナツ事業」で使用した食用油は「燃やすにはもったいない」ほど良質なものであり、洗剤・石鹸などへリサイクル加工し、「ミスタードーナツショップ」でも活用されます。「クリーンサービス事業」で回収さ
れた「モップ・マット」などは、工場で洗浄して再生されます。「モップ・マット」などに付着した「ホコリ」は圧縮して固め、セメント原料の一部として資源化されます。また、「クリーンサービス事業」で使用した使用済み浄水器カートリッジの活性炭をリサイクル活用して、園芸用の「活性炭入り培養土」が開発されました。 … 全て見る

ニュースレター 第7号

ニュースレター 第7号 (PDFファイル)
平成20年4月25日発行

P1 「すいた環境教育フェア2008」の開催
P2,3 特集 「マイバッグキャンペーン」
「マイバッグ推進フォーラム」のご報告
P4,5 リコー関西株式会社における環境保全活動
P6 すいたシニア環境大学第6期生の卒業式が行われました。(吹田市)
P7 暮らしのCO2ダイエット取組報告会を開催しました。(エネルギー部会)

page1
「すいた環境教育フェア2008」
~減らそうCO2 守ろう青い地球!!~の開催

 6月21日(土)午前10時から、吹田市文化会館(メイシアター)において「すいた環境教育フェア」が開催されます。
人間と環境とのかかわりについて理解と認識を深め、地球環境及び地域環境の保全活動に積極的に参加するなどの実践的な能力・態度を育てるため、市民、事業者、学校、行政の協力関係を深め、環境保全活動を促進していく参加型事業として実施されるものです。
アジェンダ21すいたからは、全体事業として、パネル展示による活動内容の紹介や「みどりのカーテン」を通じての環境啓発活動を実施しま
す。つる性植物のプランターの展示や、植え方や育成方法のミニ講座を行い、目で見て、楽しく学べる取組みを行う予定です。
また、エネルギー部会からは、NPO法人すいた環境学習協会のご協力のもと、子供たちを中心に、「竹のひしゃく作り」を通じての「体験型学
習」や「打ち水」の啓発活動を行います。
本格的な夏の到来を目前に控え、環境負荷の少ない「夏の涼しい過ごし方」を参加者の皆さんに啓発するとともに、環境保全意識のさらな
る向上を図ります。
会員の皆さんのご協力をお願いします。

page2,3
 「マイバッグキャンペーン」「マイバッグ推進フォーラム」
の報告(資源部会)

すいたマイバッグキャンペーン
「使い捨てのライフスタイルを見直そう!」「レジ袋削減は、ごみの減量、地球環境の保全につながる」と共鳴した団体(アジェンダ21すいた、財団法人千里リサイクルプラザ、吹田市)が、マイバッグ推進運動を展開するために「マイバッグ推進ネットワーク」の立ち上げ発起人となり、市内の市民団体、小売店舗などに参加を呼びかけ、昨年7月24日の全体会議で「キャンペーンの趣旨、手法などの確認」が行われ、具体的行動をとることになりました。

具体的行動の第一は、キャンペーンに参加する店舗の募集でした。募集に応じて頂いた20店舗程と日程の調整とキャンペーンの内容の確認を行い16店舗(下記)の店頭でキャンペーンを展開することになりました。キャンペーンは、「ノーレジ袋デー」の5日を中心に9月から12月
にかけて展開しました。ご協力頂いた店舗と調査結果などは下記表の通りでした。併せて、募集したマイバッグキャンペーン協賛事業者は、12月1日現在、37社になりました。

すいたマイバッグ推進フォーラム
2月16日(土) 吹田市勤労者会館で、昨年9月~12月まで行われたマイバッグキャンペーンの報告と今後の吹田市におけるマイバッグの普及、レジ袋削減の推進について、市民、事業者、行政が一緒に考えようと「すいたマイバッグ推進フォーラム」が開催されました。
まず、NPO法人 … 全て見る

ニュースレター第4号

ニュースレター第4号(PDFファイル)
平成19年8月25日発行
 
P1 アジェンダ21すいた定時総会開催
P2,3,4 特集「昨年度の活動報告と今年度の活動計画」
P5 「すいた環境教育フェア2007」 
吹田の夏を冷やそう!!「打ち水」を実施(エネルギー部会)
P6 「みどりのカーテン」講座を実施しました。(エネルギー部会・自然部会)
さかいLRT研究交流センターを見学して(交通部会)
P7 すいたシニア環境大学第6期生プログラムがスタート
まちなか水族館講座を開催しました。

page1
アジェンダ21すいた定期総会開催!

 7月14日(土)、大阪学院大学15号館地階1階会議室にて、平成19年度アジェンダ21すいた定時総会が開催されました。当日は、台風4号も接近している中、あいにくの天気でしたが、会員や一般傍聴者など多くの方々が参加しました。
総会第1部は三輪代表のあいさつに始まり、平成18年度事業活動報告・決算、平成19年度事業活動計画・予算及び新役員選任の議案が審議されました。事業活動内容や予算などについての質問もあり、活発な議論が行われました。全ての議案が承認可決され、審議を終了しました。
総会第2部では、吹田市長も参加し、懇親会が開かれました。参加者全員が一人づつ前に出て自己紹介を行い、環境に対する思いや今後の目標などを熱く語りました。また日ごろ、あまり話す機会のない他の部会員どうしの交流もあり、ビールやジュースを片手に和やかに懇親会が進みました。
最後は、小田副代表があいさつを行い、アジェンダ21すいたの活動が今後ますます重要になることを確認し、定時総会を終えました。

page2,3,4
「各部会の昨年度の取組報告と今年度の取組予定」

● アジェンダ21すいた全体
平成18年度の取組報告
(1)ニュースレターの発行
会員への情報提供及び市民への環境保全活動の普及を目的に、ニュースレターを年3回発行しました。ニュースレターを通して、各種イベント・各部会からの報告・企業の環境保全に係る取組みなどを紹介しました。
(2)ホームページの開設・運営
アジェンダ21すいたの活動を広く市民に情報発信するために、ホームページを開設・運営しました。
平成19年度取組予定
(1)ニュースレターの発行
会員への情報提供及び市民への環境保全活動の普及を目的に、平成18年度に引き続き、ニュースレターを年4回発行します。
(2)ホームページの運営
アジェンダ21すいたの活動を広く市民に情報発信するために、ホームページを運営します。また、内容の充実を図ります。
(3)北摂アジェンダ連絡会議の開催
北摂にある各市アジェンダに呼びかけ、代表が集まり会議を開催します。情報交換を行うことにより、今後の活動をより充実したものにします。
(4)全部会横断学習会・懇親会の実施
各部会の見識を深め、アジェンダ21すいた全体の発展を図るため、会員相互の学習、意見交換、懇親の場を設けます。
(5)吹田地球温暖化防止キャンペーンの実施 … 全て見る

ニュースレター創刊号

ニュースレター創刊号(PDFファイル)
平成18年10月25日発行

P1 アジェンダ21すいた誕生!
P2,3 設立のごあいさつ/役員紹介
P4 いのっこ探検まち歩き(交通部会)
暮らしのCO2ダイエット取組み開始(エネルギー部会)
アジェンダ21すいたホームページを開設(事務局)
P5 エコアクション21スクールがスタート(吹田商工会議所・吹田市)
佐竹台小学校で緑のカーテン(NPO法人すいた環境学習協会)
夏のエコスタイルキャンペーン実施結果(吹田市)

page1
アジェンダ21すいた誕生!

 平成18年5月21日(日)に吹田市民会館にて、アジェンダ21すいた設立総会が開催され、「アジェンダ21すいた」が発足しました。
 設立総会の第1部では、設立趣旨書、会則、事業計画、収支予算などが決議され、代表に大阪学院大学国際学部教授の三輪信哉さんが選任されました。
 休憩をはさんで、第2部では、三輪代表からごあいさつをいただいた後、各部会から、今年度取組むプロジェクトについて、発表を行いました。
 発表後は、会員だけでなく、一般来場者も加わって、意見交換やワークショップを行い、盛会のうちに終了いたしました。

 【アジェンダ21すいた会員数(平成18年10月1日現在)】
      個人会員:45名 団体会員:25団体

設立までの流れ
【平成15年度】
アジェンダ21すいた策定組織検討会
【平成16年度】
アジェンダ21すいたスタートシンポジウム
アジェンダ21すいた策定会儀
アジェンダ21すいた中間案発表会
【平成17年度】
アジェンダ21すいた発表会
アジェンダ21すいた推進会議発起人会
【平成18年度】
アジェンダ21すいた設立総会

page2,3
アジェンダ21すいた・設立のごあいさつ

アジェンダ21すいた」の出発にあたって
アジェンダ21すいた 代表… 全て見る