カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

ガンバスタジアムで環境啓発をしました。

こんにちは。
私は吹田環境学生ネットワークSENSの代表の清水です。

ガンバ大阪のホームスタジアムである「市立吹田サッカースタジアム(ガンバスタジアム)」で9月9日(土)に実施した、地球温暖化防止啓発について、お話ししたいと思います。

私たちは、「エコ宣言」と「ピッチでの啓発」を行いました。エコ宣言とは、自分自身これから実施する”エコ”なことを画用紙に書いて宣言してもらい、そして、宣言している様子を写真とチェキで撮影をすることです。

ガンバスタジアムに観戦に来ていただいた方にエコ宣言をしてもらい、宣言していただいた方には、エコ宣言で撮ったチェキとガンバ大阪の選手が写っているオリジナルクリアファイルをプレゼントしました。エコ宣言には、たくさんの人が参加してくれ、これからエコなことをしていくと決意してくれました。

また、ピッチでは、文字の書いた大きなパネルをもって、一周しました。「未来の子供に豊かな地球を残そう」と書いており、サッカー観戦に来た2万5000人以上の方に呼びかけました。

これらの活動によって、1人でも多くの人が環境問題に対する意識を持ち、エコな行動に心がけてくれたらうれしいと思っております。… 全て見る

SENS交流会

こんにちは。
私は吹田環境学生ネットワークSENSの代表の清水那弥です。

11月1日(水)18:00~関西大学で開催した、SENS交流会について、お話ししたいと思います。

今回は、大阪大学、関西大学、吹田市役所の職員から合計14名の方に参加していただきました。

お食事をしながらお話しすることで、交流を深めることができました。今後の吹田市で一丸となって環境活動をするための良いきっかけとなったと思います。

また、吹田環境学生ネットワークSENSの会員も募集しておりますので、ぜひご入会ください。… 全て見る

リアル脱出体験ゲーム~温暖化へのカウントダウン~を開催しました。

こんにちは。
私は吹田環境学生ネットワークSENSの代表の清水那弥です。

今回は、私が別団体で所属している大阪大学環境サークルGECSの活動について、書かしていただきます。

大阪府地球温暖化防止活動推進センターと 連 携し、8 月2 7 日( 日 )に、くるくるプラザ( 吹田市資源リサイクルセンター)において、小・中学生が対象のイベント、「リアル脱出体験ゲーム~温暖化へのカウントダウン~」を 10時から16時の時間帯で開催しました。 このイベントは、最近イベント等で目にする機会が増えた 『脱出型謎解きゲーム』を参考に、楽しみながら地球温暖化 対策について学んでもらうことを目的として企画しました。

参加者は定員いっぱいの子どもたち45名。節電はもちろん の事、打ち水や緑のカーテンなど、暮らし方の工夫で効果がある温暖化対策等に関する謎解きを、施設の各部屋を活用して行 い 、グループ ごとに協力しながら、ヒントを手がかりに謎を解き明かしました。

その後、ペットボトルを再利用した扇風機作りを体験してもらう など、盛りだくさんの内容で、保護者の皆さまからも高い評価 をいただきました。

私達自身もグループに参加し、子ども達と一緒に楽しむことで、参加者との親密な関係を築く事が出来、その結果、子どもの目線に立った環境教育を行うことができたと考えています。 今後も、楽しみながらも 深い学びにつながるような、そのような場を作っていきたいと思います。

 … 全て見る

エコプレス平成29年10月号

エコプレス平成29年10月号(平成29年10月15日号)

目次

・表紙

・日本学生経済ゼミナール大会に出用します!

・とよたエコフルタウンい行ってきました!

・速水林業さんへ訪問に行ってきました!

・林業ジャーナリストの田中淳夫さんとの面談

・吹田市のごみのゆくえ

・エコ企業 大栄環境(株)へ行ってきました!

・イベント紹介

 … 全て見る

ニュースレター第44号

ニュースレター第44号(平成29年10月25日発行)

目次

・十五夜ムーンライトコンサート

・食品ロス削減について

・自然観察会と大木調査

・吹田市環境部環境政策室からNEWS!!

・「みどりのカーテン」写真コンクール結果

・廃油を使ったエコキャンドル作り講座

・第5回水道フェア、第48回すいた祭り

・各種募集・イベント案内… 全て見る

平成29年11月の会議予定

アジェンダ21すいた 各会議の予定(平成29年11月)

◆幹事会

 日 時:平成29年11月7日(火)10時~

 場 所:吹田市役所 環境政策室会議室(高層棟2階)

◆フラグシッププロジェクト会議(温暖化防止プロジェクト)

 日 時:平成29年11月13日(月)10時~

 場 所:吹田市役所 環境政策室会議室(高層棟2階)

◆フラグシッププロジェクト会議(食品ロス削減プロジェクト)

 日 時:平成29年11月17日(金)10時~

 場 所:吹田市役所 環境政策室会議室(高層棟2階)

◆エネルギー部会

 日 時:平成29年11月16日(木)10時~

 場 所:吹田市役所 環境政策室会議室(高層棟2階)

◆資源部会

 日 時:平成29年11月22日(水)13時30分~

 場 所:吹田市役所 環境政策室会議室(高層棟2階)

◆自然部会 

 未定

※場所が不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

※なお、会議の日程については、予定ですので、ご出席される際には事前に事務局までお問い合わせください。

※部会の定例会については、今後、変更することもございますので、あらかじめご了承ください。

【問い合わせ先】

アジェンダ21すいた事務局(吹田市環境部環境政策室内)

06-6384-1782… 全て見る

平成29年10月幹事会 会議録

日時   平成29年10月12日(木)10時から12時まで

場所   吹田市役所 高層棟2階 環境部会議室

議事次第 

1 報告 部会、団体、事務局より報告

2 「十五夜ムーンライトコンサート」の振り返り

3 フラッグシッププロジェクト会議の報告

4 助成金について

5 その他

会議録

幹事会会議録29.10.12

 … 全て見る

【アンケート用紙】食品ロスに関するアンケートへのご協力のお願い

アンケート用紙のダウンロードは、こちらから。

食品ロスに関するアンケートへのご協力へお願い

 日本では、食品廃棄物が年間約2,775万トン排出されており、そのうち、まだ食べられるのに捨てられる、いわゆる「食品ロス」は年間約621万トンも排出されています。これは、日本人全員が毎日お茶腕約1杯分(約134g)の食べものを捨てていることになり、国連WFP(食料支援機関)による世界全体の食糧援助量の年間約320万トンの約2倍の量となっています。食品ロスは食品メーカーや卸売店、小売店、飲食店、家庭等、「食」に関わる様々な段階で発生しています。食品関連事業者では、業界における商慣習等に起因した流通・調理・販売の過程で発生する過剰在庫品や破損品売れ残り等が食品ロスとなっています。レストラン等の飲食店においては、食べ残された料理等が主な食品ロスとなっています。

 国も農林水産省、環境省を中心として食品ロス削減の取組みを進めているほか、自治体でも、飲食店に関連したものとして、松本市の「残さず食べよう!」推進店・事業所認定制度~すすめよう!30・10運動※1~、京都市の「食べ残しゼロ推進店舗」認定制度などの取組みが進められています。

 「アジェンダ21すいた」と吹田市でも、消費者及び事業者の方々と連携して食品ロス削減の取組みを進めていきたいと考えております。恐れ入りますが、今後の取組みに役立てるため、別紙のアンケートへのご協力をよろしくお願いいたします。

                 アジェンダ21すいた※2

                 吹田市環境部環境政策室

※1「30・10(さんまるいちまる)運動」・・・長野県松本市から全国に広がった、宴会時の食品ロスを削減する運動のこと。「宴会の開始から30分と、閉宴10分前には席に座って食事を楽しみましょう」の声掛けをして食べ残しを減らします。

※2「アジェンダ21すいた」・・・吹田市環境基本計画に基づき、市民・行政・事業者の三者が協働で、よりよい吹田の環境を生み出すために活動している、吹田市環境部に事務局を置く環境パートナーシップ組織です。… 全て見る