カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

気候変動に関するセミナー

気候変動に関するセミナー
「『気候危機』に私たちはどう取り組むか」

開催日時: 2021年 10月30日(土)14:30~16:30

基調講演:気候危機と各国の取り組み
        講師 和田武さん

概要説明:吹田市「第2次地球温暖化対策新実行計画」について
        講師 吹田市環境政策室 職員

会 場:吹田市立夢つながり未来館(ゆいぴあ)4階多目的会議室   
   (阪急山田駅すぐ)

定 員:30名(応募者多数の場合は抽選)
※市報10月号では先着としていましたが、抽選に変更しました。
※抽選結果は10月21日にメールでお伝えします。

申込締切:10月20日  

入 場:無料

※申込はこちら 

世界各地で、熱波、森林火災、ハリケーン、干ばつなど異常気象が頻発しており、日本でも、毎年のように100年に一度とされるスーパー台風や豪雨で甚大な被害が発生し、人命が失われています。大阪でも2018年の台風21号の被害は記憶に新しいところです。

これらの異常気象は温暖化が一因であると言われており、今や気候変動は「気候危機」ともいうべき状況になっています。

吹田市は今年の2月、豊中市と共同で「気候非常事態宣言」を出し、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロに取り組みます。その実現のため「地球温暖化対策新実行計画」を策定しています。

科学が示す気候危機の現実を学び、その解決に向けて私たちがどう取組むか話し合います。… 全て見る

SDGsアンケート結果

令和元年度に地球温暖化フラッグシッププロジェクトチームが各イベントに出展した際にSDGsに関するアンケートを行いました。

その結果と総評を以下に記載します。

アンケート結果をご覧になる際の前提として、すいた環境教育フェスタとくるくるアースフェスタで行ったアンケートは総数も少なく、傾向をはっきりと掴めていません。
また、関西大学総合図書館内で行ったアンケートについては据え置きの形で行ったため、1人1票が徹底されていない可能性があります。(次回からは統一したものを提示できるよう努めます。)
以上のことを踏まえた上で以下の考察、データをご覧いただきますようお願いします。

【SDGsに関するアンケート結果の総評】
・SDGs認知度は一般の方であれば、約60%ほどであることが伺える。
・13番「気候変動に具体的な対策を」は場所を問わず、中盤の順位に位置している。
・17番「パートナーシップで目標を達成しよう」は、場所を問わず、順位が低い。
・1番「貧困をなくそう」および2番「飢餓をゼロに」は上位に位置していることが多い。
・関西大学総合図書館で行ったアンケートは他と比べて明らかに5番「ジェンダー平等を実現しよう」が高い。

【結果】
令和元年6月22日@ガンバ大阪vs湘南ベルマーレ戦 周辺ブースにて
アンケート集計結果

令和元年8月31日@スタジアムフェスタ
アンケート集計結果
アンケート参加者属性

令和元年9月28日~令和2年1月30日@関西大学総合図書館
アンケート集計結果

令和2年2月1日@すいた環境教育フェスタ
アンケート集計結果
アンケート参加者属性

令和2年2月16日@くるくるアースフェスタ
アンケート集計結果
アンケート参加者属性全て見る

じぶん発電 入門講座 参加者募集!

アジェンダ21すいたイベント情報!

じぶん発電~みんなで発電所長になろう~

じぶん発電所づくり 入門講座

日時:令和2年2月8日(土)14時00分~16時00分

場所:ラコルタ(吹田市立公益活動センター)会議室

講師:平田 賀彦氏(豊中市民エネルギーの会 理事)

参加費:資料代 500円

募集人数:60名(先着順)

 

<申し込み>

令和2年1月10日(金)から受付開始

アジェンダ21すいた事務局(吹田市環境部環境政策室内)へ

電話:06-6384-1782 FAX:06-6368-9900

FAXの場合は氏名・電話番号・講座名を明記してください。

 

じぶん発電チラシ

 

みなさまのご参加、お待ちしております!… 全て見る

すいた食べきり運動啓発キャンペーンを実施中

「アジェンダ21すいた」フラッグシッププロジェクトの一つとして、「食ロス削減会議」メンバーにて2017年より「すいた食べきり運動」を推進してきました。その成果として、下に協力店一覧表(現在54店舗)ファイルを添付しています。引き続き、推進してまいりますので、ご協力方よろしくお願い致します。

 なお、この取組みに活用致しましたポスター、冊子などの配布物は、大阪湾広域臨海環境整備センターの助成を受けて作成しています。(「平成30年度 環境保全市民活動等助成金」)

2018年度すいた食べきり運動推進協力店一覧(2019.1.28現在)全て見る

イベント開催! 都市型バイオマス~下水汚泥は宝の山?!~

都市型バイオマスといわれる、下水汚泥を利用した再生可能エネルギーや資源の回収に関する見学会とフォーラムを開催します。ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

◆南吹田下水処理場見学会

【日 時】4月11日(水)14:00~16:00

【会 場】南吹田下水処理場

【集 合】●無料送迎バスご利用の方 

      →13:30 吹田市役所 正面玄関前

     ●現地集合の方

      →13:50 南吹田下水処理場 

【その他】参加無料、申し込み要(先着30名)

◆環境フォーラム

【日時】4月22日(日)14:00~15:30(13:30開場)

【会場】千里山コミュニティセンター(阪急千里線千里山駅)

【内容】・吹田市における下水道汚泥の活用状況

          (吹田市下水道部)

    ・中国貴州省における下水処理場の日本との比較

          (大阪大学大学院工学研究科 大学院生)

    ・下水処理場に関する技術オプションの例示と

                   吹田市での導入可能性

   (大阪大学COデザインセンター 上須道徳 特任准教授)

【その他】入場無料、申し込み要(先着100名)

 

主催:アジェンダ21すいた エネルギー部会

<申し込み・問い合わせ先>

〒564-8550 吹田市泉町1-3-40 吹田市環境部環境政策室内

電話:06-6384-1782 ファックス:06-6368-9900

メール:env-seisaku@city.suita.osaka.jp… 全て見る

みどりのカーテン写真コンクール結果発表!

市報すいた8月号において『みどりのカーテン写真コンクール』には、募集期間内に7名による9点の応募がありました。

「アジェンダ21すいた」自然部会・エネルギー部会による選考の結果、入賞作品が決定いたしましたので、ご紹介します。

あざやかで賞 小原一代さん(南金田)

小原1小原2

カラフルで賞 岸田千代子さん(原町)

岸田1岸田2

涼しげで賞 小松孝子さん(藤が丘町)

小松

クールバルコニーで賞 谷口眞佐子さん(佐竹台)

谷口さん

うさぎも喜ぶで賞 馬場龍さん(垂水町)

馬場さん

成長中で賞 藤本登紀子さん(江坂町)

藤本さん

みどりゆたかで賞 毛利直樹さん(千里山東)

毛利さん

                                (あいうえお順)

●受賞された方々には、図書カードを贈呈いたしました。

ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました!

全て見る

平成28年度 みどりのカーテン写真コンクール結果発表!

%e5%9b%b32

 市報すいた8月号において募集した「みどりのカーテン写真コンクール」には、募集期間内に7名による8点の応募がありました。「アジェンダ21すいた」自然部会・エネルギー部会による選考の結果、入賞作品が決定いたしましたので、ご紹介します。

 

     吉野 千穂さん(山田西3)

%e5%9b%b31

 

 

銀賞

  匿名

%e5%9b%b32

 

アジェンダ賞 (あいうえお順)

 

 小原 一代さん(南金田2)

%e5%9b%b33 %e5%9b%b34

 櫻井 康子さん(高野台3)

%e5%9b%b35

  匿名

%e5%9b%b36

  匿名

%e5%9b%b37

  毛利 直樹さん(千里山東4)

%e5%9b%b39

 

%e5%9b%b31

 … 全て見る

エコ・ツアー(風力発電施設見学会)の報告

エコ・ツアー(風力発電施設見学会)の報告
森田 宏

再生可能エネルギーの導入促進の一環として、平成28年(2016年)5月25日(水)、「風力発電施設見学」を目的とした「エコ・ツアー」を実施しました。吹田市民35名が参加されました。

記事全文・・エコ・ツアー(風力発電施設見学会)の報告全て見る

廃食用油燃料化施設見学会の報告

廃食用油燃料化施設見学会の報告
中野 政男

平成27年(2015年)11月19日、エネルギー部会は、再生エネルギーを学習するため、京都市南部クリーンセンター構内にあるバイオディーゼル燃料化施設を見学しました。

この施設は、平成9年創業で、京都府内の食堂等の事業系廃油(買取)や、市内約1,800ヵ所の拠点から収集した一般家庭の廃油を装置内で変性し、グリセリンなどの副生成物を分別精製したのち、バイオディーゼル燃料製品とする廃油再生施設です。

得られた製品は、ゴミ収集車約140台分の「軽油の100%代替燃料(B100)」として、また市バス95台分の「軽油への5%混合燃料(B5)」として利用されています。

生産規模は、バイオディーゼル燃料5kL/1日、軽油混合燃料6kL/1日で、約1,100 kL/年を生産しています。
これは、CO2として約2,700t/年の削減になるそうです。

製品価格は、市販の軽油と同等程度であり、実績からも使用可能な製品になっているとのことでした。

説明していただいた方は、今後、熱安定性の更なる改良や副生のグリセリンの需要開拓等を進めながら、拠点数を2,000ヵ所に増やしたいと意気込んでおられました。

当日は雨が降りそうな天気でしたが、詳しい資料を基に丁寧に説明していただいたり、施設をわかりやすく見学させていただいたりで、とても勉強になりました。… 全て見る

バイオマスリサイクル設備見学会の報告

バイオマスリサイクル設備見学会の報告
山本 修已

平成27年(2015年)10月15日、エネルギー部会は、バイオマスリサイクルを学習するため、堺市にある日本ノボパン工業株式会社へ行きました。

日本ノボパンは、建設現場から排出される家屋解体材・残材や、工場等から排出された木質廃棄物を循環利用しています。
ノボパンとは、前述の廃材等の≪資源リサイクル≫をすべく、チップ材化され、粉砕・精選の後、パーティクルボード工場で異物除去やチップ処理を施し、熱圧・成型されたパーティクルボードのことであり、そのノボパンを木質部材として、建設現場や工場へ供給され再利用材としています。

「ノボパン」(パーティクルボード)への再生により、木屑の焼却(廃棄)が回避され、木材中の炭素がCO2となって大気中に放出されることはありませんし、木屑ボイラーで焼却することにより、工場の全エネルギーを賄う自給自足工場でもあります。

始めにスライドを見て全体行程を学び、木村工場長の案内の基に現場見学をしましたが、まずは資源の最大限の有効活用という『企業理念』の基を感じました。

年間生産量は、1,254万トンを超え、市場占有率は30%と業界トップを占めておられます。

床材、壁材、家具材等々、我々に身近な住宅材(強度性能・耐久性向上)であり、見学者の質問も多く、意義ある見学ができました。… 全て見る