カテゴリー別アーカイブ: 部会

平成28年度 みどりのカーテン写真コンクール結果発表!

%e5%9b%b32

 市報すいた8月号において募集した「みどりのカーテン写真コンクール」には、募集期間内に7名による8点の応募がありました。「アジェンダ21すいた」自然部会・エネルギー部会による選考の結果、入賞作品が決定いたしましたので、ご紹介します。

 

     吉野 千穂さん(山田西3)

%e5%9b%b31

 

 

銀賞

  匿名

%e5%9b%b32

 

アジェンダ賞 (あいうえお順)

 

 小原 一代さん(南金田2)

%e5%9b%b33 %e5%9b%b34

 櫻井 康子さん(高野台3)

%e5%9b%b35

  匿名

%e5%9b%b36

  匿名

%e5%9b%b37

  毛利 直樹さん(千里山東4)

%e5%9b%b39

 

%e5%9b%b31

 … 全て見る

エネルギー部会活動

【 部会の活動 】

省エネ型ライフスタイルの普及・啓発、

自然エネルギーの利用を促進するための仕組みづくり。

【 平成28年度 活動紹介 】( 随時更新 )

◆エコキャンドル作り(共催:資源部会)       

資源部会のページをご覧ください。

◆すいたエコツアー(全体事業の代表として主催)    

全体事業のページをご覧ください。

◆みどりのカーテンの普及・啓発活動(共催:自然部会)

自然部会のページをご覧ください。… 全て見る

資源部会活動

【 部会の活動 】

ごみ減量やリサイクルを促進するための仕組みづくりに取組んでいます。

【 平成28年度 活動紹介 】( 随時更新 )

 ◆吹田産業フェア「風呂敷の包み方講習会」    

 2016年5月7日(土)、8日(日)の2日間、吹田産業フェア(吹田市主催)で、「風呂敷の包み方講習会」を出展しました。

 レジ袋削減・マイバッグ推進の意味で、風呂敷の活用を広めることを目的に、ブースを訪れた市民の方々に包み方を覚えて帰ってもらいました。親子連れで来てくれた方も多く、子どもたちには、バンダナでできるポシェットも人気がありました!

img_5325

 お買いもの包みやペットボトル包み、ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね!

◆エコキャンドル作り(共催:エネルギー部会)             

 2016年7月30日(土)に、吹田市立博物館(JR岸部駅)で、「エコキャンドル作り」を開催しました。

 これは、家庭で残った廃油を活用して、キャンドル作りをするというものです。とっても簡単に作ることができて、クレヨンでキャンドルに色をつけたりと、工夫次第で素敵な作品に仕上がります。このエコキャンドルは、廃油もリサイクルできて、電気も消せますので、ダブルでエコですよね。

 みなさんも、ぜひご家庭などで一度作られてみてはいかがでしょうか。そして、いつも使っている電気を消して、キャンドルナイトを過ごしてみてくださいね!

1全て見る

自然部会活動

【 部会の活動 】

自然を守り、育てる活動を展開していきます。

【 平成28年度 活動紹介 】( 随時更新 )

◆みどりのカーテンの普及・啓発活動(共催:エネルギー部会) 

 2016年4月16日(土)に、千里山コミュニティセンター(阪急千里山駅)で「みどりのカーテン講座」を開催しました!

 「みどりのカーテン」とは、陽のあたる窓辺や壁で、つる性の植物を育てることです。市内にたくさんの「みどりのカーテン」ができたら、きっと、過ごしやすい夏になりそうですよね。ヒートアイランド現象を抑えることにもつながります。

  そして、ぜひとも、皆さんに「みどりのカーテン」を試してもらいたいという思いから、ネットなどの設置の仕方、育て方などを専門家から伝授していただく講座を開きました。

 参加者には、すぐ実践に移していただけるよう、ゴーヤの苗もプレゼントしました!

img_4225

 img_4224

 

●シンポジウム

「未来への預かり物 すいたの自然って何だろう」

 2016年5月28日(土)、千里山コミュニティセンター(阪急千里山駅)でシンポジウムを開催いたしました!

  吹田の自然を、次世代に、さらに未来へとつなげていくために私たちができることはなにか。「今の吹田の自然とその課題」について考えました。

 基調講演「吹田の自然の現状と課題~植物を中心にして~」では、武田義明さん(神戸大学名誉教授)にご講演いただき、続いて、栗谷至さん(公益社団法人大阪自然環境保全協会理事)と平軍二さん(NPO法人すいた市民環境会議理事)、参加者の方々とともにパネルディスカッションで活発な議論を行いました。

img_0041

img_0046

 自然部会は、生物多様性と外来生物(植物)をテーマの一つとして活動しています。市民対象に、啓発活動や自然観察会を実施していますが、さらに視野を広げて企画された本シンポジウム。

  みなさんも、目に見えるまちの緑が美しいと感じることがあるかもしれませんが、緑のほかにも、ひそかに暮らしている「いきものたち」がいます。それらの「いきものたち」を大切にする心、生きやすい場をつくってあげようとする取り組み。

 これは、未来の地球を大事にする心にも通じます。また、人と人との関係においても、あらゆる立場の人を大切に考えることのできる、そのような若い世代をつくっていくことにもなるのではないでしょうか。

 すいたの植物を糸口としながら、自然とひとの共生について考える機会となりました。

●「環境活動展示会」イオン北千里店(共催:資源部会)     

詳しくは、資源部会のページをご覧ください。… 全て見る